マイナンバーの収集代行業者について

マイナンバーの収集代行業者について

2016年1月より施行されたマイナンバー制度により、各企業は、従業員のナンバーを管理、収集する義務が課せられました。

これは、従業員のナンバーを利用して、社会保障手続きや源泉徴収などの各種手続きを一括管理するためです。しかし、それによって各企業は、従業員のナンバーが外部に漏れないように保存する義務も課せられることとなり、そのためのセキュリティ制度を負担しなければならなくなりました。
このような負担を軽減するための手段としては、マイナンバーの収集代行業者に管理を任せてしまうことが挙げられます。
もちろん、この場合は、収集代行業者に費用を支払い続けるという損失が生じることになりますが、自前の人員や時間を割く必要がなくなるというメリットがあります。

そのどちらが良いかは一概には言えませんが、基本的に人員に余裕がない中小企業ほど、有効なサービスであると言えるでしょう。

こちらの東京新聞を手軽に利用してみませんか?

なお、収集代行業者にマイナンバーの管理を委託するということは、マイナンバー制度の守秘義務に違反しているように思えるかもしれません。

今、最も注目を集めるマイナンバーのソリューションに関してはこちらのサイトをご覧ください。

しかし、この制度では、「正当な利用目的がある場合」に限り、その情報を第三者に伝えることが許されています。



そして、この場合は、「正当な利用目的がある場合」と見なされるため、問題とはなりません。

ただし、マイナンバーという非常に重要な情報の管理を任せることになるため、収集代行業者の選定は念入りに行っておくことが推奨されます。

  • 身になる知識

    • マイナンバー制度は、社会保障や税に関する手続きを効率良く行うために始められたものです。日本に住む、全ての人に個別の番号が付与されます。...

      detail
  • 技術をもっと知る

    • マイナンバーというのは行政手続きの簡略化や公平で公正な社会の実現などを目的に平成28年1月から開始された制度なのです。これまでは手続きのために複数の行政機関から書類をとり寄せたり、申請を行う必要がありましたが、それがマイナンバーによって行政間の連携が取れるようになるために、手間がかからないようになるというものです。...

      detail
  • 技術の特徴紹介

    • 個人単位で実施されたマイナンバーは、正当な理由がなければ変更できない個別の番号であり、慎重に管理しなければいけません。注意点はマイナンバーの収集の段階から法律上の義務を果たさなければいけないことでして、全ての取引先や社員から適切に集めるのは手間がかかる作業です。...

      detail
  • 知りたい技術事情

    • マイナンバー制度の対応をしなければならない会社ではその処理についてまだきちんと運用できていないところもあります。しかし源泉徴収票や支払調書にマイナンバーの明記が必要なので、収集から本人確認、番号管理からシステム対応など行う必要があります。...

      detail